FC2ブログ

パンの美味しい♬ SurfDayzCafe

新松戸・住宅街にある小さなCafe                                  手作りのお菓子・パンと美味しいコーヒーをご用意してお待ちしております♪



ピーマンパン :: 2018/06/20(Wed)

こんな時間に焼けたよ、焼けた!
ハイ、ピーマンパン
IMG_20180620_225518_convert_20180620230650.jpg

茨城県神栖市のショーイチさんのジャンボピーマン
15個のジャンボピーマンを千切りにし、乾し、粉にして
パン練こみ焼いたよ
15個を粉にするとたったのこれだけ、、、、大さじにして4杯分くらい
IMAG1073_2_convert_20180620230708.jpg

ピーマン特有の苦みの香りもなく
美味しそうに焼けました
さすがにパクっとはいきません!!!!
だって、、、、もうそろそろ23時
明日の朝ごはんにしまーす

ショーイチさん、ミエさん、ピーマンありがとう💛
明日またいただきに行きます

スポンサーサイト
  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ISEPAN :: 2018/05/25(Fri)

ちょっと野暮用かあって新宿へ行ってきた
ISEPANというパンフェスを やってるのは知ってだけど
行けないなと決めつけていたのでノーチェックだった。。。
でも、来ちゃった‼️ 来れちゃった‼️
各店一生懸命で試食を配る、配る
アタシは試食のハード系パンでお腹いっぱい😱💦
ヴァン ドゥ リュドのそば粉のバケット
そして、
神戸Parigotの酒粕と柚子ピールのカンパーニュを買った
今回はこのふたつがアタシ好み💕
IMAG0937_2_convert_20180525230836.jpgIMAG0934_2_convert_20180525230759.jpg
IMAG0935_2_convert_20180525230817.jpg


#パン #パンフェス #イセパン #isepan #parigot #ヴァンドゥリュド
#そば粉のバケット #酒粕柚子ピール

  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
熟成!ベラベッカ :: 2018/05/16(Wed)

覚えていますか?
SDC毎年恒例のクリスマスパン

その中で一番リッチ!というか
パンというかほとんどがドライフルーツ!
昨年の12月15日だっけかな?焼いたの。。。
今日、最後の数切れを食べきりました
半年近く熟成?させたベラベッカ
アイスコーヒーを淹れて3時に食べました
とっても美味しかったーーーー!
やっぱりこれは保存食だわ~
って、どんだけチビチビ食べてんのよって
感じですよね

今年も焼きますよ、クリスマスパンセット
既に3セットのご予約を頂いております
ビックリでしょ^^
IMG_20180516_170011_convert_20180516232250.jpg


  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
始まりました、、、Vol.3 :: 2017/12/22(Fri)

こんばんは!これで準備は整いました
今日はパネットーネをた~くさん焼きました!
今日は仕込みの3日目 さすがに疲れが。。。💦

さて、前置きはここらへんで、恒例?のちこっとうんちくコーナー

マネットーネはイタリアのクリスマス焼き菓子
パネットーネ種の酵母を使い、ゆっくり発酵させた
バターたっぷりのブリオッシュ生地の中に、ラムレーズン、オレンジ
ピールその他のドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げ
た、甘く柔らかなドーム型の菓子パン。

パネットーネの生地の発酵にはパネットーネ酵母が必ず使用されなくては
ならず(パネットーネ酵母は仔牛の小腸から採取される特殊なイースト)、
発酵と生地を休ませる事を何度も繰り返し手間がかかる。そのため、
マンマの味が一般的であるイタリアの家庭でもパネットーネだけはパン屋、
菓子屋の仕事とされ、家庭で作られることはあまり無い。
だってー!!!!!!

パネットーネ酵母という粉末状の酵母で作っていたけど、ホント大変なので
わたしはここ2年イーストで作っています 
ここまでやってしまうと死んでしまう💀

パネットーネとは「大きなパン」の意味らしいよ 
また、アントーニオという職人が焼いたパンだからという説もある
トーニのパンという意味のパーネディトーニ(pane di toni)が訛った
とされる(トーニはアントーニオの愛称)。

パネットーネのメーカーとして有名なのはミラノの老舗アントニオ・コヴァが
創始者であるCOVAが世界的に人気がある
その他、ミラノの惣菜店Peckなどがある

両店とも老舗のお店 その昔20代のころミラノのCOVAでお茶をしたり、
有名なチョコレートを買って帰ったり、、、、っと、いまよりリッチだったな~(笑)

ってなわけで、こんな感じに焼きあがりました!
ひとまずお疲れさま、ワタシww
foodpic8038042_convert_20171222205813.jpg


  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
始まりました、、、Vol.2 :: 2017/12/21(Thu)

昨日に引き続き、今日はシュトレンを焼きました

こちらでシュトレンのうんちくをちこっと

シュトレン発祥の地は、ドイツ・ザクセン州のドレスデンといわれている
らしいのですが、シュトレンの原点となる食べ物の最古の記録では
どうやらドレスデンらしい
あんまり興味のわかない話だけど、14世紀にできたらしいよ!(笑)

シュトレンという名前はドイツ語で「坑道」という意味で、トンネルの
ような形をしていることかららしいの でも。。。トンネルに似てる??(笑)
シュトーレンってずっと呼んできたけど、どうやらシュトレンが正解なんだって
シュトレンは生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが
練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖が
まぶされていて、その形が幼子イエスを産着で包んでいるように見えると
言うことからきたらしい

このシュトレンもベラヴェカ同じ、クリスマスまでの期間
すこしずつスライスして健康を祈りながら食べたんだって
バカ食い、一気食いはアカンよ~

ベラヴェッカよりはマシだけど、とっても扱いづらい生地で
ねちょねちょ シュトレンはバターがたっぷりなのでなかなか
発酵しないの バターがたっぷりということは......(笑)

IMAG0311_convert_20171221224105.jpg

焼きあがって、きれいに包装もできました!
IMAG0312_convert_20171221224051.jpg

さあ明日は最後のパッネトーネ
早く寝なくちゃ!

  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ